ホームページ > ニュース > 磁石の応用 >

フェライトとネオジムの応用

ニュースの分類

フェライトとネオジムの応用

発表時間:2019-07-25
フェライトとネオジムの用途違い

  フェライトとネオジムは現在最も一般的な磁石であり、多くの生産メーカーがあります。
  フェライトの原料は、三酸化鉄、石灰、少量の希土類元素とストロンチウム、バリウムであり、ネオジムよりははるかに安く、磁気エネルギー積は一般に6MGOを超えません。
  ネオジムの磁気エネルギー積は通常30〜53MGOで、理論的には64.5MGOに達する可能性もないわけではない。ただし、59MGOのネオジム製品を実現する研究機関もありますが、材料特性の関係でこれ以上は無理です。磁気エネルギー積が高いほど、製品はもろくなります。

  フェライトはネオジムより安価ですが、機械加工が困難であり、一般的に0.1mmの精度でしか加工できず、薄肉の加工もできません。滑らかな表面を実現するには、高価なダイヤモンド研磨工具が必要であり、電気めっきも非常に困難です。
  ネオジムは比較的処理が容易で、電気めっきもできます。ネオジムは合金であり、導電率は酸化物フェライトよりはるかに強力です。適用範囲は似ていますが,これらの特性の違いにより、フェライトとネオジムの用途違いが決まります。

 
  主に使われる場所:
  小型モーター:小型モーターのほとんどはフェライトです。ネオジム磁石を小型モーターに使用すると、短絡や火花が発生するおそれがあるためです。 

  ステッピングモーター:1つのフェライトで複数の磁極を作ることができるためステッピングモーターもほとんどはフェライトです。ネオジムは放射状の磁化はより困難であります。

  発電機:フェライトの磁力はそれほど強力ではないため、電流を生成するため大きなフェライト磁石が必要するなら、費用対効果があまり高くありません。一般的に、大型の発電機はネオジムと電磁石を使用しています。

  センサー:センサーにはフェライトとネオジムの違いはあまりないが、フェライトは価額の面で、ネオジムはサイズの面で優れています。車に部品が多い場合はネオジムを使用するほうがいいです。その逆もまた然りであります。

  サーボモーター:従来のサーボモーターはほとんどフェライトで、でかさばり、比較的低速です。2000年以降、ネオジムサーボモーターは徐々に登場し、出力と速度の範囲が大幅に改善されました。現在、500KWサーボモーターが市場に出ています。石油探査、建設とその他の分野で使用されます。

  ロボット:これは相対的新たに出現した応用分野であり、ロボットのフォースアームの動きを制御とロボットの軸と関節として使用される特殊な形状の磁石です。磁力を正確に制御する必要があるため、高性能フェライトが必要です。

  オーディオ/ビデオア:イヤホンの円筒形または円形の磁石は電気エネルギーを音の形で機械エネルギーに変換します。音量や音質が要求される携帯電話、コンピューター、オーディオなどの分野では、一般にネオジムが使用され、通常のスピーカーやラジオにはフェライトが使用されています。

  磁気治療装置:磁場は人間の心臓血管系に一定の利点がありますが、強くほうがいいではありません。だから磁石の材質には特別な要求がないです。

  吸着装置: 磁気分離、磁気ラッチなどの磁石による鉄の吸着を利用して、強磁性体を分離したり、吸着して固定したり装置です。 しっかり吸着したい場合はもちろんネオジムのほうがいいですが、耐熱が必要の場合は値段高いです。その代わり、フェライトは低温での使用には適しておらず、常温に戻すと減磁します。

  固定装置:磁石を使用して鋼やその他の物体を引き付け、グラインダーのシャーシ、機器の磁気ベース、磁気クレーン、磁気フックなど物体の移動や物を鉄に固定しやすくします。フェライトはそれほど強力ではありませんが、 導電性磁石を追加するなら高い吸着力が得られます。ネオジムは強力な磁力を持ちますが、高価で長寿命です。こいう装置は特定の条件に応じて材料を選択し、磁気回路を慎重に設計する必要があります。